オリジナルの住宅を建築したい

一軒家

福岡県内で、住宅を建築したいと考えている場合には、自力で建築するのは難しいため建築業者に依頼する必要があるでしょう。建築業者は主に2種類あり、一つがハウスメーカーと呼ばれるものになります。ハウスメーカーは、全国規模のところも多く、テレビコマーシャルや新聞の広告などに大きく掲載されていることが多いです。それだけ規模が大きいことを意味しています。もちろん中には規模が小さいところもありますが、全国規模のところから選ぶことにより、より有名なところ選ぶことができるわけです。ブランドが確立されているため、非常に魅力的といえるでしょう。これに対して、工務店で住宅を建てる人もいます。この点はどちらかといえば、住宅の設計をすべて自分たちで考えることができるフリープランなどを利用したい人にとってはありがたい仕組みといえるでしょう。つまり、ハウスメーカーのようにブランドがあるわけではないため、自由設計が中心になる傾向にあります。もし自由設計をしたい人がいれば、工務店に連絡をしてみるべきです。それに加えて、地元密着型の対応してくれるのが特徴です。例えば、福岡県内でも海の近くに住宅を建築する場合には潮風に吹かれて鉄の部分がさびやすくなるでしょう。そこで、住宅を建築する前の段階で、将来的に鉄の部分がさびることを想定しさびにくい塗料などを使うなど個別対応が可能になります。

その仕組みはどのようになるか

間取り図とペン

福岡の工務店の仕組みとしては、工務店そのものが住宅建築の入り口となっていることがほとんどになります。これはどのような意味かといえば、まず住宅を建築したいと考えた場合、福岡県内の工務店にお願いをするわけです。そしてそこで様々な業者と連絡をとり住宅建築の打ち合わせをしていきます。例えば年内の十二月までに建築したいと考える場合には、逆算して行きどの業者が何月ぐらいまでに動けるようにしたらよいかを明確化していきます。つまり、その工務店の従業員がそのまま住宅を建築するわけではなく、一般的には下請け業者にお願いをして建築をしていくわけです。工務店は、それらの指揮を執っているといってもよいでしょう。ただ中には、自分たちが大工道具を持って建築するようなところもあります。つまり一定の形があるわけではないことを理解しておきましょう。下請けにまかせないようなところは、基本的に料金が安い傾向にあります。なぜなら中間マージンが発生しないからです。

広告募集中